NorthFlatJapan 公式ブログ

NFJ公式ブログ

2012年12月

平成24年度-年末年始のご案内

いつもお世話になっております、Hでございます。

表題の通り、年末年始の弊社営業案内についてご案内します。
既に商品ページ等に記載している営業日カレンダーには記載して
おりましたが、念のためこちらのブログでもご案内致します。

★平成24年度-年末年始の営業日程★
年末年始休業日:12月30日日曜日~1月3日木曜日
営業再開日:1月4日水曜日

※営業再開にあたりご理解頂きたいこと※
・1/4より業務を再開致しますが、1/4は運送会社の
年末年始対応期間にあたりますので、通常よりも
納期にお日にちを頂く場合がございます。その為、
急ぎの出荷をご希望頂いてもお応え出来かねます
ので、ある程度余裕を持ってご注文を下さいますよう
お願い致します。

・業務再開当日の1/4は、12/30~1/3までに頂戴
したお問い合わせを順番に対応いたしますので、
1/4中にご対応出来ない場合がございます。
出来る限り早急に対応させて頂くよう努力致しますが
難しい場合もございますので、あらかじめご理解
下さいませ。


以上、ご理解、ご協力のほど、宜しくお願い申し上
げます。




さて、本年も残すところ後わずかとなりました。

2012年は弊社にとっては非常に慌しい一年となりました。少し振り返り
ますと昨年末頃からの初代TA2020自作キットやFX202A初期ロットなど
年初めより現在の弊社主力製品のさきがけとなる製品が動き出して
おりました。その頃からユーザー様のご意見を元に製品に改良を加えて
いくといった弊社のコンセプトが回り出したのを今でも覚えております。
当時ご意見を下さっていたユーザー様とは今でも多くの方が多数の
ご意見を下さっており、そのおかげでFX202A量産型やTA2020自作キット
最終版といった熟成された製品が作り上げられたといえます。本当に
頭の上がらない思いで一杯でございます。

またLepaiブランドのLP-2020A+別注モデルやカスタム品といった弊社
独自で改良を加えた製品も本格的に動き出したのが今年でした。
その他にも、キット類のオプション部品や計測機器といったものにも
手を染めて行き、よりユーザー様にとってかゆいところに手が届くような
営業形態を模索始めたのが2012年でございます。おかげさまで、
嬉しい悲鳴をあげ続けなければいけない忙しい一年でした。

その反面、当初に比べるとユーザー様へのメール等の対応のレスポンス
がとても悪くなってしまいました。常連様を含む多くの方が状況を察して
下さり、お気遣い下さっていることが垣間見えるような状況でしたので
とても申し訳なく思っております。この点に関しては、今後の改善が
必須とも言えるところでございます。


一方業務面では、日本側では夏ごろから新入社員を一名採用し、私と
パートさんの二名体制から三名体制に大幅にグレードアップ致しました。
今年のFXシリーズやキット類の販売速度は常に驚きを隠せないような
早さでしたので、パートさんはもちろん新人君が大きく貢献してくれました。
ただ、それでも状況によっては度々パンクをしてしまう状態ですので、
更なるシステムの見直しと人員補強は検討しなければいけません。

また、中国側では仕入れ能力と製造能力の増強の為に、現地事務所の
引越しなどを行い、以前よりも業務を回しやすくなるように環境整備に
力を入れた一年でもありました。バイヤーKから、かなり環境が改善された
と伺っておりますので、来年はさらにシステム化することにより、作業効率
の向上を目指すことが課題になりそうです。


こんな感じで軽く振り返っただけでも今年は本当にたくさんのことがござい
ました。ただ、全ての物事の根幹は弊社ユーザー様,や、こちらのブログ
をはじめ各所でご意見を下さっている皆様でもございます。
極端にいえば皆様のご意見無しに今の弊社の状況は語れないと思って
おります。改めてこの一年間の感謝の気持ちを表させて頂きます。
本年は格別のご愛顧、激励のお言葉を賜り、誠に有り難うございました。

さて、来年の抱負としましては、本年の問題点でもあった製品の欠品期間
の短縮がございます。中国側はいまだ業務環境の整備途中の段階とも
いえますので、こちらが落ち着けばこういった点も改善が見込めるかと
思います。その他にも、よりわかりやすくスムーズなお取り引きを
目指すべく、精進していく所存でございます。まだまだ未熟な点が
目立つ会社ではございますが、来年もご指導ご鞭撻のほど、
宜しくお願い申し上げます。


以上、簡単ではございますが年末のご挨拶を述べさせて頂きました。
本年は格別のご愛顧を賜り、誠に有り難く厚く御礼申し上げます。
来年もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


株式会社ノースフラットジャパン スタッフ一同




※完売しました※TA2020デジタルアンプ自作キットPart.4 最終版 年内最終販売のお知らせ

イメージ 3
★2012年12月26日水曜日21時より販売開始★

販売価格:980円!お一人様3セットまで
販売数量:99セット※年内出荷可能最大数量
※ベースアップグレードキットは未入荷の為、今回は販売できません。

年内最終販売分は完売致しました!
多数の方のご落札に心より御礼を
申し上げます。なお、年明け1/9頃に
再販を予定しておりますので、お求め
頂けなかった方は、その機会に
お求め下さい。

次回販売も宜しくお願いします!




皆様、こん○○は。Hでございます。
表題の通り、先日販売させて頂いた弊社シンボル的製品である、
TA2020搭載デジタルアンプ自作キットの販売再開についてご案内します。
なお、諸事情により単日で数量限定の販売とさせて頂きます。詳細は
後述いたしますので、そちらをご覧頂いてからご検討下さいませ。

※製品の詳細については前回と変わりませんので、割愛致します。


さて、前回の初回販売時は多数の方々のご落札、誠に有り難うござい
ました。ただ、デジタルアンプ自作キットというある意味特異な形態の
製品にもかかわらず、完成品アンプのFXシリーズと同じように各回共に
1分以内に完売してしまうという事態となりました。さすがに、バイヤーK
共々、大変驚きました。あわせて、初回販売時にお求め頂けなかった方々
には大変申し訳ないことをしてしまいました。この場を借りて、お詫び申し
上げます。誠に申し訳ございませんでした。

なお、前回の販売方法は正直なところ、まだまだ目測が甘かったです。
前回の販売方法は、過去の動向を省みて以下のポイントを重視しました。

・単独日の販売だと、日程的に都合の悪い方がおられる場合がある。
・販売可能数量をまとめて出品すると、業務がパンクしてしまい、
 オーディオ・自作キット関連以外のお客様にご迷惑をおかけしてしまう。

こちらのポイントを踏まえて、新しい販売方法として前回の3日に販売日を
分散し、販売数量も出荷可能な範囲内と思われる数量に設定しました。
しかしながら、結果的に予期せぬ事態も発生致しました。

1、過去の自作キットの実売パターンでは1時間以上維持できるはずの
 在庫が1分を持たずに完売してしまいました。その結果、常連様を含めて
 お求め頂けなかった方が多数発生致しました。
2、オプション品の同梱をご希望の方が半数以上を占めておられまして、
 同梱希望商品点数も過去の数倍以上の状態となっておりました。
 その為、キット類に関する各種お取り引き関連のご案内や出荷作業等が
 過去の数倍時間がかかる状態となってしまいました。
3、1と2の状況が同時に発生するような状態でしたから、販売日を
 3日に分散したことが裏目になってしまい、3日連続でこのような状況が
 続くことにより結局業務はパンクしました。また、ほぼ正常どおりに
 復旧するまで1週間以上かかるという事態に陥りました。

以上のことから、現時点でベストな販売方法というのは見つからず、
弊社としましても憂慮せざるを得ない状況です。私自身、体力の限界に
挑戦致しましたが、それでもカバーしきれないような状況でした。

その為、年内の再販を決断するのにはかなり勇気が必要でした。
中国側でも急ピッチで作業進めてもらいましたが、それでも先週の出荷が
精一杯でした。ですから、週明けの25日に日本側に荷物が届かない
限りは、年内販売は難しいと思い最悪年明けの販売を考えておりました。
ところが、今回の出荷は思いのほかスムーズに荷物が運ばれまして、
25日の夕方に日本側に荷物が到着致しました。その為、今からキットの
出荷準備を行なえば、ギリギリ27日以降の出荷には間に合います。
そこで、今回の販売を決断した次第でございます。


ただ、それでもお求めをご検討下さる場合はご理解頂きたいことが
ございます。以下の項目のみあらかじめご了承下さい。

1、今回の年内最終販売は販売個数を99セットに限定させて頂き
 ます。これ以上の数量を販売すると他の業務を含めて影響が
 出てしまいます。恐縮ですが、この数量が弊社としましても
 年内に対応できる限界値でございます。

2、メール便出荷をご希望の場合は年内にお届けが出来ない場合が
 ございます。通常でしたらメール便は3~5日程度の納期ですが、
 現在年末につき運送会社が混み合っており余分にお日にちを
 頂戴する可能性がございます。また、その他のお取り引き状況に
 よってはご入金日の即日出荷が出来ない可能性もございます。
 その為、メール便では年内のお届けが出来ない可能性があること
 を、あらかじめご了承下さい。確実に年内をご希望の場合は
 宅配便をご利用下さいませ。

3、欠品中のオプション品がございます。現時点では、ベースアップ
 グレードキットが未入荷の為、年内の販売は出来ません。
 現在出品中のオプション品のみになりますのでご了承下さい。

以上の3項目については、あらかじめご了承下さいませ。
皆様にご納得頂ける対応ではないかもしれませんが、現段階で
弊社ができる精一杯の内容です。恐れ入りますが、ご理解下さい
ませ。

また、12月30日日曜日から1月3日木曜日は年末年始につき、
弊社はお休みを頂戴します。その為、その間はお問い合わせを
頂いても対応することが出来ません。こちらに関してもご注意
下さいませ。

最後に詳細は後日ご案内致しますが年明けの1月9日ごろに、
TA2020自作キットの追加販売、及びYDA138ケースキットや
各種オプション品等新製品の販売開始を予定しております。
あくまでも今回のTA2020キット販売は、年末年始に当キットを
楽しむことがご希望の方の為に、販売をさせて頂きます。
ですから、仮に今回お求め頂けなくとも次回販売はございますし、
さほどお急ぎで無い方は次回販売の方でお求め下さい。


それでは『TA2020自作キット最終版』を宜しくお願いします!
本年もあと僅かとなりましたが、皆様お体にはご自愛下さいませ。
 
 


※適宜、当ページは加筆・修正を行ないます。






新製品のご案内-Tripath社TA2020搭載! デジタルアンプ自作キット Part.4 最終版!

イメージ 8
★2012年12月12日水曜日21時より販売開始★

販売価格:980円!お一人様3セットまで


★販売スケジュール★

12月12日水曜日:99セット
↑12日分は完売しました↑
 
12月13日木曜日:75セット
↑13日分は完売しました↑
 
12月14日金曜日:75セット
※初回販売分、全数完売しました※
三日間にわたり有難うございました!
大変恐縮ですが再入荷をお待ち下さい。



※恐れ入りますが、初回販売はこういったスケジュールで実施致します。
 詳細は後述致しますが、業務の関係上、ご協力をお願いします。
 もちろん各日ごとに数量を区切ると言う意味ではございません。
 あくまでも出品開始時間が上記のとおりと言うことでございます。
 また今回の販売数量は初回入荷分の販売数量です。年内にもう一回
 入荷の予定をしておりますので、完売してしまっていてもご安心下さい。


皆さん、こん○○は。Hでございます。

TA2020自作キットをお待ちの皆様大変お待たせ致しました!
バイヤーK渾身の改良を加えたTA2020自作キットの最終版が
出来上がりました。現在、私の方で製品情報、及び製品写真類の
編集作業を行なっておりますので、詳細は徐々に付け加えて
まいりますが、バイヤーKいわく、「これ以上は詰めれない!」
といった段階まで基板の設計を追い込んだようです。
弊社では初期の白基板からPart2→3とユーザー様からのご意見、
ご要望を参考に
着実に改良・バージョンアップをしてまいりました。

そして!今回のPart.4となるのですが、最終版としてふさわしい
位置付けに
するべく、出来る限りの音質改善・機能改善・拡張性の
拡充を施しました。
遊び要素も盛り込んだ仕上がりとなっております
ので、過去の
バージョンをお持ちの方から、初めて弊社TA2020キット
をお試しになる方まで、楽しんで頂ける仕様ではないかと思われ
ます。
一つ前の
Part3から比べても十分音質の違いを
実感頂ける
と思います。
是非お試し下さい!!


それではキット内容についてご案内致します。


★TA2020デジタルアンプ自作キットPart.4最終版★
イメージ 1
 
イメージ 2

●TA2020デジタルアンプ自作キットPart.4-最終版 内容物●
※太字がTA2020自作キットPart.3からの変更点です。

・TA2020アンプ基板x1枚(Rev.6.x:赤色にカラー変更)
※基板サイズ:縦80mm×幅60mm×厚さ1.6mm(組立後の目安:高さ約24mm)
・Tripath TA2020-020デジタルアンプIC x1個(リユース品)
・電解コンPanasonic M 50V 2.2uF x2個
・電解コン:日本ケミコン製LXZシリーズ16V 1200μF x1個
 ※電源平滑用低インピーダンス品)
電解コンTeapo SC 50V 22uF x1個
メタライズドフィルムEpcos 100V 0.1uF(±J) x2個
マイラーフィルムコン 100V 0.1uF(±J) 
メタライズドフィルム 100V 1uF(±J) x1個
メタライズドフィルム 100V 0.47uF(±J) x6個
電源点灯LED x1個(砲弾型5mm赤色)
半固定抵抗50K x2個
NFJオリジナルインダクタ10uH(φ9x12mm) x4個
フェライトビーズインダクタ x1個
ショットキーダイオード1N5819(OFC銅足) x8個
ボリューム抵抗09タイプ50K(Aカーブ) x1個
2pinターミナルブロック x3個
3PinPHコネクタソケット x1個
3PinPHアッセンブル200mm線 x1本
金属膜抵抗器(±1%)
 1/4W→8.2KΩ x1個 ・ 1KΩ x1個 ・ 1MΩ x2個
 20KΩ x4個 ・ 1/2W→10Ω x2個
・TA2020キット専用NFJロゴシール x1枚


●TA2020アンプ自作キットPart.3からの変更点●
出力段LPFの範囲にGNDベタを追加
 出力段LPFの範囲にGNDベタを追加し、相互及び外部干渉を抑え出力信号
 ノイズを低減する設計にしております。

出力段GNDを左右2つに分割させることにより、ユーザー様が任意で左右の
 チャンネルセパレーション改善対策を施工可能な設計に致しました。
 なお、左右に分割したGNDベタの中心の結合部を1本のラインで繋いでおります
 ので、容易にカットすることが可能です。また、カット箇所はわかりやすいように
 レジストを剥がしております。

・内部5V生成ラインの取り回しを大幅に見直しました。
 ICの30pinから5Vを生成し2,8Pinへと供給するラインを回路の見直しと再配置で
 従来の約2倍の太さで繋ぎました。トレードオフとしてパワーLEDのパワーラインが
 細くなっておりますが、それ以外の部分で音質に影響する部分は回避しています。
 同時にその見直しで新たに新規拡張設定を追加しております。
※一部5Vラインと平行してRチャンネル側の音声信号ラインが通るようになって
 いた為、その部分もあわせて改善しております。

・5V入力の2,8Pin手前に新たに低ESR電解コンデンサ22uFを追加!
 そのことにより十分な電力がスムーズに供給されるため、大幅な音質改善が
 出来ました。
※台湾メーカーの電解コンですが日本企業に採用されるクラスの高性能品です
 ので、もし日本メーカー等の物に変更する場合はハイグレード低ESR品を
 推奨します。

・外部5V供給(オプション)の設計を大幅に見直しました。
1.オプションの外部5Vを設定した際、30Pinと両方使う事によりアナログ5Vと
 デジタル5Vを分離供給させる事が出来るように何箇所か拡張設定を施工
 しました。
1本要空中配線!空中配線施工の際は音声信号ラインに気をつけてください。

2.オプション外部5V供給の際、ジャンパーが不要となり標準の5Vラインまでの
 接続する配線を極力太くし、ラインインピーダンスを低減させました。
 さらに施工性を向上させるために各部品の配置を改善しました。

・全体的に設計を見直し、調整、改良しております。
・Rチャンネルの出力pinがICのpin同士の間を通ってしまい、インダクタホールまでの ラインインピーダンスが左右で違っていたため、3つの手法で対策しています。

1、IC間を通った後の太くなる部分からインダクタホールまでのラインインピーダンス自体を配線をより太くし、トータルでのインピーダンスを低く抑えました。

2、ICpin間を通る配線の中心部分数milのレジストを剥がし、その部分を施工することにより更にインピーダンスを低くできるようにしました。
※その部分全てレジスト剥がすとICを取り付ける際に短絡する可能性があり
 極端に難易度が上がる為、中心部分のみのレジストを剥がしております。
 それでも施工難易度は若干上がっているので、注意して施工して下さい。

3、配線間製造限界ギャップには仕様限界と実限界で差がありますので、何度も
 サンプルを作り基板製造工場側との打ち合わせで実限界を更に詰めて極限まで
 太く致しました。

・基板全体のラインを見直し、ライン強化を施しました。特にパワーラインと
 GNDラインで大幅な改善をしております。

・電源平滑コンデンサを横にも倒せるように新たにホールを追加しました。
※若干工夫と部品の兼ね合いもありますが、高さ25mmまでの電解コンデンサを倒
 して搭載できます。

・新たにユーザー様任意のオプション設定を複数追加致しました。
※以下のオプションは必須ではございません。お好みに応じてご使用下さい。

DCオフセット出力電圧調整の半固定抵抗の裏にチップコンデンサ用のランドを
 設定しました。標準状態でも特に影響はありませんでしたが、コンマ数mV程度
 揺れていた部分の対策設定をご用意致しました。

・出力スピーカー接続のターミナルブロック手前の裏側に左右+-にパスコン用の
 ランドを復活させました。そして、その際の作業性も更に向上させています。

・音声入力側のボリューム抵抗とカップリングコンデンサの間にパスコン用のホールを設定しRCフィルター回路を追加しました。手前での音質の調整に使用可能です。

・フェライトビーズ施工部分の拡張性を更に上げ、サージフィルターの他、
 新たにコモンモードチョークコイルを設定できるようになりました。
コモンモードチョークコイルはベースアップグレードキットに付属しております

・電源入力端子を2Pinターミナルブロックのみから排他利用可能なように、
 DC端子も施工できるように設定しました。
DC端子ベースアップグレードキットに付属しております。

・基板空き部分に、とある独立回路を増設致しました。
 この部分はわかる方のみ施工して下さい。
※必要部品(謎?)ベースアップグレードキットに付属しております。

・基板の色が緑から赤になりました!
 今回は間違うことなく指定どおりのカラーとなっております(汗



以上簡単ではございますが、内容と最終版の特徴ご案内でした。
なお、今回は最終版ということでバイヤーKよりご挨拶がございます。

※ ※ ※

Kです。最終版と呼ぶに相応しい改良を施せたと思います。
リファレンスベースで解り易い片面配線、サイズは小さくインパクトを!
このコンセプトでやってきました。
この1年間初期モデルからここまで色々ありましたが、楽しかったです。
色々な方との交流も出来ましたし、新たな交流場所もできこれからも
楽しめるという意味でこのTA2020デジタルアンプキットは本当に有意義な
物だったと思います。

価格面で少々難がありますが、その部分は皆様のご協力でカバーして
頂いております。
本当に感謝しきれないくらいの思いです。
それでは、これからも面白い物を模索してまいりますのでこれからも
よろしくお願いします。

最後までお読み頂きありがとうございました。

※ ※ ※

以上、バイヤーKからのコメントでした。
 
 
なお、今回の販売に関しましては1日あたりの販売数量を制限させて
頂きます。と言いますのも、大変有り難い話ではございますが、
弊社自作キットの新型販売日は多数のご注文を頂くものの
出荷作業などが追いつかず、各種業務がパンクしてしまいます。
特に日に日にアップグレードパーツの種類がが増加しており、
お客様一件あたりの梱包時間が長引きつつあります。
今回もアップグレードパーツの追加を予定しておりますし、
今までの動向を省みるに今回に関しては大変恐縮ではございますが
少し販売方法を変えてみたく思います。ご理解のほど宜しくお願い
申し上げます。


それでは今回も宜しくお願いします!
ぜひ『TA2020自作キット最終版』を宜しくお願いします!



★追記★

※新発売アップグレードパーツ&おすすめ部品※

○TA2020アンプ自作キット最終版でのお勧めパーツ
イメージ 11
 
※基板変更に伴う、参考情報※
イメージ 12

 

イメージ 8
イメージ 3

※参考情報-コモンモードチョークコイル取付実装例
イメージ 9

イメージ 10





○新しく仲間入りする汎用部品○

イメージ 6
ニッセイ電機製コンデンサ MMT 0.1μF 10本セット  100円/1セット 
 
イメージ 7


YDA138キット向け推奨部品(TA2020キットも使用可)
イメージ 5
EVOX製ポリカーボネイトメタライズドフィルムコンデンサ2本組 210円/1組




※続報は当ページに加筆・修正する形で追記します。






記事検索
ギャラリー
  • 最大10%還元!今日は「5のつく日」ポイントアップデー♪
  • 最大10%還元!今日は「5のつく日」ポイントアップデー♪
  • 最大10%還元!今日は「5のつく日」ポイントアップデー♪
  • 最大10%還元!今日は「5のつく日」ポイントアップデー♪
  • 本日はヤフーショッピング恒例の「ゾロ目の日」
  • 本日はヤフーショッピング恒例の「ゾロ目の日」
  • 本日はヤフーショッピング恒例の「ゾロ目の日」
  • 本日はヤフーショッピング恒例の「ゾロ目の日」
  • 本日はヤフーショッピング恒例の「ゾロ目の日」
アーカイブ
RSS
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ